小児・子供の心の病気〜統合失調症(精神分裂病)の症状と原因


小児・子供の心の病気〜統合失調症(精神分裂病)の症状と原因

TPP参加で医療費全額負担に!
TPP参加で国民健康保険制度が崩壊する危険性があります。
今まで医療費3割負担だったのが全額負担になり、風邪の診察料が3万円が当たり前に!


小児・子供によくある病気では、普段の生活の中で
小児・子供が病気になりやすい症状や治療を紹介しています。
親にとって子供が病気になるととても心配になります。
どこが痛いのか、体がどんなふうにあるのか子供はうまく伝えることができません。
病気になって慌てるのではなく、
日頃の生活でかかりやすい病気は認識しておく必要があります。
子育てはとても大変です。
当サイトが小児・子供の病気の回復にお役に立てればよいと思います。


口内炎パッチで早く治そう!  子供服 福袋 2011  子供靴 激安! 発表会 結婚式 入学式に♪
HOME>統合失調症の症状と原因



統合失調症(精神分裂病)の症状と原因



統合失調症(精神分裂病)の原因
神経伝達物質の分泌過剰
統合失調症の原因は、ドーパミンとういう神経伝達物質が過剰に分泌することが統合失調症を引き起こすことは知られています。
そのため、脳の情報処理がうまく機能せず精神が乱れるといわれています。


遺伝的要因
両親とも統合失調症にかかっていると、通常よりも子供が統合失調症になる確率は高くなっています。
また、一卵性の双子の一人が統合失調症を発症すると、もう1人の子供も発症します。


ストレス
友達とのトラブルや失恋、環境の変化、家庭内の不和など様々なストレスが原因となって統合失調症を引き起こすといわれています。

小さい子供よりも、思春期から青年にかけて発症することが多く、約1%の割合で統合失調症を発症しています。



統合失調症(精神分裂病)の症状
統合失調症には4つの段階があり、前兆期、急性期、回復期、安定期という経路をたどります。

統合失調症〜前兆期
前兆期には、情緒が不安定になり人を疑ったり落ち込んだり、怒りっぽくなったりします。また、引きこもりや暴力、成績低下などの症状もあらわれます。
しかし、これらは在りがちな症状なので病気と気付かないことがあります。

統合失調症〜急性期
急性期では、不安や恐怖が強くなったり被害妄想があらわれてきます。
「誰かに見られている」「誰かが後をついてくる」「みんなが悪口を言っている」など被害妄想や幻覚、幻聴がみられます。
また、独り言や支離滅裂になることもあります。

統合失調症〜回復期
回復期では、被害妄想や暴力など激しい症状が治まり現実感を取り戻します。
しかし、激しい症状とは反対に、表情に生気がなかったり何事にも関心を示さずやる気がない、1日中眠ることなどの症状が出てきます。

統合失調症〜安定期
安定期になると、表情や行動も普通になり普段の生活ができるようになります。
ただし、回復期の症状が少し残ることがあります。





HOME
小児・子供によくある病気
小児・子供の病気
肌のトラブル
アレルギーとは?
アトピー性皮膚炎
肌のケア
肌のトラブル対処法
アレルギーと東洋医学
アレルギー防止の食生活
小児・子供の発達障害
発達障害の症状
発達障害の種類
小児・子供の心の病気
心の病気の種類
気分障害
不安障害

サイトについて


Copyright (C) 【小児・子供によくある病気】. All Rights Reserved.